カタログ請求はこちら

2024/04/29

Blog

住宅の間取りと性能の関係とは? 昔の住宅と現在の住宅との比較で解説

最近「高性能住宅」や「高気密高断熱住宅」という言葉を良く耳にすることが増えたと思います。

そんな性能の高い住宅は間取りの自由度も高くなります。

一昔前の住宅では、どの住宅も似たような間取りになっていると思います。

そんな現在の住宅と一昔の住宅では、性能の差によって間取りの自由度も異なってきます。

今回は、住宅の間取りと性能の関係についてお話していきたいと思います。

 

 

 

間取りと性能の関係は?

住宅購入をお考えになった際には、間取りにこだわる方は多いと思います。

一昔の住宅では、部屋を襖などで仕切っていたと思います。

これは、住宅の性能が低く部屋ごとに暖房をするのが一番効果的だったからになります。

しかし、現在の住宅では住宅自体の性能が高く部屋ごとを仕切る必要がなく、間取りの自由度が一昔前よりも格段に増します。

これが住宅の性能によって間取りの自由度が増す理由になります。

各部屋を襖等で仕切り、各部屋ごとに冷暖房を使用した一昔の住宅を「ブドウ型」と呼ばれます。

また、現在普及が進んでいる高性能住宅の様な

 

 

一昔前の住宅の間取りは「ブドウ型」

ブドウ型のお家

 

一昔前の住宅は、襖で部屋ごとを仕切って各部屋ごとを暖房するのが一般的でした。

部屋ごとを仕切って各部屋ごとに暖房するのが最も効率的だったため、このような間取りが一般的になっていました。

各部屋をたくさん造り、家族がそれぞれの部屋で暖房を付けそれぞれの生活をする生活スタイルを実現した間取りです。

そんな一昔前の間取りを「ブドウ型」と呼ばれています。

 

 

 

 

現在の住宅の間取りは「リンゴ型」

 

リンゴ型のお家

現在の住宅では、住宅の性能が向上しお家全体が外気の影響を受けにくくなっています。

そんな現在普及が進んでいる住宅では、一昔の住宅のように「各部屋を仕切って、部屋ごとに暖房する」必要がなくなりました。

そんな住宅の高性能化によって、住宅の間取りにも自由度が増してきています。

高性能化によって住宅全体が外気の影響を受けにくくなったことで、部屋の仕切りが不必要になり吹き抜けの様な空間全体を

広く繋げた間取りが可能になっているのが現在の住宅の特徴になっています。

そんな現在の住宅を室内全体を広く使った間取りから「リンゴ型」と呼ばれています。

「リンゴ型」の住宅では、広々とした空間で家族のコミュニケーションも弾む住宅になるのが特徴になります。

 

 

 

一昔前の間取りと現在の間取りの比較

住宅購入をお考えになった際に、希望する間取りや設備が第一に希望するポイントになると思います。

しかし、希望する間取りをパズルのように組み立てると必然的に建てるお家が大きくなってしまいます。

つまり、ダイニング、子供部屋といった形で1部屋1部屋役割がある部屋を最初につくってしまうと、必要以上に家自体が大きくなってしまいます。

「家が小さいと生活空間が手狭になるんじゃないの?」と思われている方は多いと思います。

子供が大きくなると各子供部屋が必要になるのでは?書斎やママ専用スペースが欲しい。収納が足りなくならないかな?

こんな不安があるので一昔前の様な各部屋をそれぞれ必要とした間取りにしてしまいがちになります。

しかし、空間を足し算すればこの不安は解消することができます。

「空間の足し算」とは、設計の工夫により家全体の機能や将来の見通しまで考えることで、家全体が一体となった柔軟な使い方ができる家になります。

その結果、不必要な部屋が無くなり空間の無駄がなくなるため大きな家でなくても心地よい広さの家が実現します。

 

 

 

「ただ広いだけの家」ではなく「心地いい広さの家」へ

広い空間のお家

 

「ただ広いだけの家」では、無駄な部屋が存在してしまい電気代など「必要なエネルギー量」が増えてしまいます。

そのため、光熱費が高くなってししまう上に家自体を広く使うことができなくなってしまいます。

「心地の良い広さの家」だと、必要なエネルギー量を抑えることができ、家全体を広々と使うことができるので

家族のコミュニケーションが増えるお家にすることができます。

「ただ広いだけの家」と「丁度いい広さの家」のどちらがいいでしょうか?

住宅購入をお考えの方もこれからの方も、住宅の間取りの造り方や性能によって家族の生活スタイルが大きく変わることを

よく理解した上で、「間取りを足し算し無駄のない省エネルギーな家」を是非ご検討いただければと思います。

 

 

 

haconiwa-hosueの家づくり

 

 

 

haconiwa-houseでは、「お家の中に庭が広がる家」として土間の可能性にこだわった家づくりを行っております。

私たちは、家づくりを通じて、お客様に当たり前の日々の中に無数の小さな幸せを感じられる暮らしを提供したいと考えています。

家族の在り方にしっかりと耳を傾け、最適な解決策を提案することで、理想的な家づくりを実現します。

 

大阪岸和田市にモデルハウスを構え、南大阪エリアを中心にで注文住宅販売を手掛けるhaconiwa-houseでは

「お家の中に庭が広がる家」として土間の可能性こだわった家づくりを行っております。

家族の在り方にしっかりと耳を傾け、ご家族ごとに合った最適解を提案することで理想的な家づくりを実現します。

 

また、haconiwa-houseのコラムニュースでは、注文住宅をはじめ、住宅購入をお考えの方に向けてお役立ち情報などを発信し

お客様の住宅購入に向けて、少しでも前向きな情報提供の場になれば幸いです。

 

haconiwaの想い

 

 

 

haconiwa-houseの3つのコンセプト

 

コンセプト①

「家族の絆を紡げるシェア空間」

 

コンセプト②

「我が家にだけある特別なスローライフ空間」

 

コンセプト③

「身近に自然を感じられる清涼な空間」

 

コンセプト

 

 

 

モデルハウス見学は随時開催しております

 

「土間の可能性にこだわった家づくり」をテーマに

「家族の在り方に耳をしっかりと傾け、最適解を提案できる家づくり」を行っております。

プラン集をはじめとして、お客様の住宅購入に向けて少しでも前向きな情報提供の場になれば幸いです。

また、大阪岸和田市に構えておりますモデルハウス見学も随時開催しております。

モデルハウス見学にて「土間の可能性にこだわった家づくり」を体感してみてください。

 

モデルハウス見学

RELATED

関連する記事

CONTACT

お問い合わせ

家づくりに対する希望や不安に、
建築家が丁寧にお答えします。