カタログ請求はこちら

2024/04/22

Blog

快適さと省エネの両立を実現するパッシブデザイン アクティブデザインとの違いは?

快適性と省エネな暮らしを実現する「パッシブデザイン」については何度かお話してきました。

では、パッシブデザインとの対比になる「アクティブデザイン」については皆さんご存じでしょうか?

パッシブとアクティブはお互いに温熱環境をコントロールすることで、室内を快適な環境にします。

しかし、温熱環境をコントロールするための方法が違います。

今回は、そんなパッシブとアクティブの違いについて詳しくお話します。

 

 

 

パッシブデザインとは?

 

快適さと省エネの両立を実現するパッシブデザイン アクティブデザインとの違いは?

 

パッシブデザインは、下記のように定義づけられています。

 

<パッシブデザインの定義>

建物の在り方に工夫して、建物の周りにある自然エネルギー(太陽・風・地熱等)を最大限に活用・調節できるようにし

高い質の室内環境を実現させながら、省エネルギーに寄与しようとする、建築設計の考え方とその実際的手法。

 

難しく定義されていますが、簡単に説明すると

自然のエネルギーを最大限活用し、エアコンなどの機械に頼ることなく快適に暮らすための設計手法」の事です。

 

この自然のエネルギーを最大限活用し、省エネで快適な暮らしを実現するには

パッシブデザインの重要な5つのポイントが存在します。

<パッシブデザインにおける重要な5つのポイントについてはこちら>

 

 

アクティブデザインとは?

 

アクティブデザイン住宅

 

パッシブデザインと同様に、アクティブデザインにおいても定義があります。

そのアクティブデザインについての定義は下記になります。

 

<アクティブデザインの定義>

空調計画(冷暖房、換気、プラン)によって、温熱環境の向上を目指す設計手法。

 

これもパッシブデザインと同様に簡単に説明すると

アクティブデザインは、「住宅の空調計画によって室内を快適な空間にする設計手法」の事になります。

 

 

パッシブとアクティブの違い

 

パッシブとアクティブの違い

 

パッシブデザインとアクティブデザインについてみてきました。

では、そのパッシブデザインとアクィブデザインの違いについてみていきましょう。

 

<パッシブデザイン>

「自然エネルギーを最大限活用し、エアコンなどの機械に頼らずに快適に暮らすための設計手法」

 

<アクティブデザイン>

「空調計画によって室内を快適な空間にするための設計手法のこと」

 

このパッシブデザインとアクティブデザインの定義を並べてみると、その違いがわかると思います。

パッシブデザインは、住宅(建物)自体で室内を快適な環境にするのに対して

アクティブデザインは、住宅の設備によって室内を快適な環境にするという違いがあります。

 

つまり、快適な室内環境を目指すのは同じですが、パッシブは住宅(建物)を冷暖房などの機械に頼ることなく快適な環境にするため

省エネルギーで快適な暮らしが実現可能になります。

対してアクティブデザインでは、住宅の設備によって室内を快適な環境にするため

エネルギーを使用して快適を手に入れることになります。

もちろん、パッシブ・アクティブのどちらにもメリット・デメリットが存在しますが、エネルギーを使うか使わなくするか

パッシブとアクティブの大きな違いになってきます。

 

近年では、アクティブデザインも省エネを意識するようになってきました。

しかし、アクティブデザインは本質的に省エネを目指すものではないのでそこは注意が必要になってきます。

 

 

パッシブとアクティブの位置づけ

パッシブデザインとアクティブデザインについての定義や違いについてはお話しました。

アクティブデザインは住宅の設備によって室内を快適な環境にするものなので、アクティブデザインの本質的な考え方は

あくまでも、パッシブを補うものと考えたほうが良いです。

 

次の図はパッシブとアクティブの空調による効果を表しています。

 

パッシブとアクティブの位置づけ

出典:小堀建設HP

 

パッシブが不十分であれば強引な空調になり、適切な温度環境になりにくくなります。

空調を連続運転すれば少しは改善されますが、その結果省エネ住宅普及の現在とは真逆の増エネに向かうことになります。

逆に、パッシブが十分発揮されていると穏やかな空調になり、適切な温度環境に近づくことになります。

穏やかな空調になることで、エネルギー使用を抑えることができ省エネにもつながります。

 

 

快適な暮らしと省エネの両立は「パッシブ」を最大限考える

パッシブデザインは、自然のエネルギーを最大限活用し機会に頼ることなく快適に暮らすことができ省エネにもつながります。

アクティブデザインについても、住宅の設備(冷暖房等)によって快適に暮らすための手法となりますが

設備を使用する以上、自然エネルギーを最大限活用したパッシブデザイン住宅にはエネルギー消費量の点において劣ってしまいます。

パッシブデザイン住宅にも、設備を使用することは避けられません。

しかし、自然エネルギーを最大限活用することでその設備使用によるエネルギー使用量を最小限に抑えるつつ

快適に暮らすことができます。

アクティブデザイン住宅も快適に暮らすことは可能です。

しかし、快適さと省エネの両立を目指す場合は「パッシブデザイン」住宅をご検討頂ければと思います。

 

 

 

 

haconiwa-houseの家づくり

 

 

haconiwa-houseでは、「お家の中に庭が広がる家」として土間の可能性にこだわった家づくりを行っております。

私たちは、家づくりを通じて、お客様に当たり前の日々の中に無数の小さな幸せを感じられる暮らしを提供したいと考えています。

家族の在り方にしっかりと耳を傾け、最適な解決策を提案することで、理想的な家づくりを実現します。

 

大阪岸和田市にモデルハウスを構え、南大阪エリアを中心にで注文住宅販売を手掛けるhaconiwa-houseでは

「お家の中に庭が広がる家」として土間の可能性こだわった家づくりを行っております。

家族の在り方にしっかりと耳を傾け、ご家族ごとに合った最適解を提案することで理想的な家づくりを実現します。

 

また、haconiwa-houseのコラムニュースでは、注文住宅をはじめ、住宅購入をお考えの方に向けてお役立ち情報などを発信し

お客様の住宅購入に向けて、少しでも前向きな情報提供の場になれば幸いです。

 

haconiwaの想い

 

 

 

haconiwa-houseの3つのコンセプト

 

コンセプト①

「家族の絆を紡げるシェア空間」

 

コンセプト②

「我が家にだけある特別なスローライフ空間」

 

コンセプト③

「身近に自然を感じられる清涼な空間」

 

コンセプト

 

 

 

モデルハウス見学は随時開催しております

 

「土間の可能性にこだわった家づくり」をテーマに

「家族の在り方に耳をしっかりと傾け、最適解を提案できる家づくり」を行っております。

プラン集をはじめとして、お客様の住宅購入に向けて少しでも前向きな情報提供の場になれば幸いです。

また、大阪岸和田市に構えておりますモデルハウス見学も随時開催しております。

モデルハウス見学にて「土間の可能性にこだわった家づくり」を体感してみてください。

 

モデルハウス見学

RELATED

関連する記事

CONTACT

お問い合わせ

家づくりに対する希望や不安に、
建築家が丁寧にお答えします。